FC2ブログ

もりの華 -hanalog-

いつでも最高の自分でいられるように!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
【生まれて364日(11ヶ月) -オムツ替え、大変ですか?-】

生まれて364日目(11ヶ月)

(2011年7月8日)

20110614_5.jpg


先に書いた1歳のBirthday Partyの日記はこちら(2011年7月10日)


そういえば、よく言われること。


「かよびーちゃんはオムツ替えの時、おとなしいね」

って。


寝返りを期に、オムツ替えが困難になるって話、
よく聞きます。


でも、かよびーは大丈夫。



6ヶ月からハイハイ、9ヶ月から歩きだしたので、
身体はとにかくワンパク元気いっぱい。


なのに、オムツ替えの時はおとなしくしてくれるの。

というのも、生まれた時から

「オムツを替えるね、じっとしててね。
 すぐ気持ち良くなるからね。

 はい、足とお尻をあげてね、

 上手にできたね」


って、毎回声を掛けていたのです。



↓こちらの久保田競先生、かよこおばあちゃんの本を読んでいたから。


【送料無料】赤ちゃんの脳を育む本

【送料無料】赤ちゃんの脳を育む本
価格:1,365円(税込、送料別)





【送料無料】天才脳をつくる0歳教育

【送料無料】天才脳をつくる0歳教育
価格:1,000円(税込、送料別)




確か、この本の中に

”生まれてすぐからたっぷりの声かけをしてあげれば、
 赤ちゃんはちゃんと応えてくれる、
 全てを理解している”

というような話があって、
オムツ替えに関しても、
生まれた時からの声かけで後が楽になるって書いてあったのです。


今になって分かる!
本当に、とってもラクチンです。

3ヶ月頃からは

「足とお尻を上げてね」

と言うと、上げてくれてたから
オムツ替えはとってもスムーズ。

走り回るようになった今でも、じっとしてくれています^^




早期教育とか、0歳教育って賛否両論だけど、
このような方々が前提としているのは”親子の触れ合い”


お互いを理解することなんだよね。


スポンサーサイト
Happy Life with Baby | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 【倉島麻帆さんの”絵本読み聞かせ&ハッピー笑顔講座”でびっくり!】 | home | 【生まれて363日(11ヶ月) -くちぶえぴゅーぴゅー♪-】 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。