FC2ブログ

もりの華 -hanalog-

いつでも最高の自分でいられるように!
【軽井沢でクリスマス2009】

Lovely Christmas!!

Karuizawa_190909_4.jpg



今年のクリスマスは軽井沢で過ごします^^

Karuizawa_190909_1.jpg

Karuizawa_190909_3.jpg



思い出の軽井沢です。


Karuizawa_190909_2.jpg

冬の軽井沢もいいらしいです^^



以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

HPはこちら↓
*もりの華(HP)*
スポンサーサイト
Lovely trip | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【子どもが生まれたら】

「子どもが喜ぶから絶対大きい方がいいよ!」


Christmas2009_4.jpg


と、気の早い主人の提案で、
180センチの大きなツリーを購入♪

Christmas2009_5.jpg
↑ツリーの根元にはプレゼントではなく、
  結婚式でいただいた電報のほんの一部★


私も、イギリスにいた時から
大きなツリーをいつかおうちに・・・って夢だったから
子ども以上にうれしかったり^^


最初はリビングに置いてみたけど、
ちょっと狭いかなあ・・・。

Christmas2009_6.jpg
↑リビングには大きなポインセチア

階段を上った廊下に置いてみた★

きれい~。


ツリー自体はそんなに高いものではなかったけど、
毎日キラキラさせてたかったので、
ライトは奮発してLEDを買いました。

24時間点灯中。

Christmas2009_1.jpg

Christmas2009_3.jpg



玄関にも大きなリース。

そして、サンタさんがお気に入り!

Christmas2009_2.jpg

にゃんこをしょってます。


早く子どもに見せてあげたいな(*^^*)


Sweet sweet Christmas!!


以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

HPはこちら↓
*もりの華(HP)*
Lovely Happy Life | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【冬至でーと柚子南瓜★】

12月22日の冬至は

柚子湯に入って、

Panpkin_221209_4.jpg


かぼちゃを食べます。

Panpkin_221209_1.jpg


1年間風邪知らず!



年中行事が大好きなので、
こういうことはかかしません♪

商店街では柚子とかぼちゃがいっぱい売ってて、
楽しくなっちゃった。


最近では、使い終わりそうな柚子を
お風呂に入れたりしてて、
入浴剤代わりに活用!

Panpkin_221209_5.jpg


今日は冬至柚子湯用にちょっと形が悪いだけで
激安になっている柚子をたくさん買ってきました。

(ちなみに、10個で30円ほど)


あとはかぼちゃ料理を2品。


◆かぼちゃと鶏肉のスープ◆


Panpkin_221209_3.jpg


<材料>(2~3人前)
 ・かぼちゃ 300g
 ・玉ねぎ 1個
 ・トマト 1個
 ・鶏もも肉 250g(1枚)

 鶏肉の下味
  ・塩 小さじ1/2
  ・こしょう 少々 

 ・小麦粉 大さじ1
 ・ベーコン 2枚
 ・油 大さじ2
 ・白ワイン 大さじ2
 
 スープ 
  ・固形スープ 1個
  ・湯 カップ2

 ・ローリエ 1~2枚


<作り方>

1)鶏肉は大き目の一口大に切る
  下味の塩、こしょうをもみつけ、10分ほどおく
  小麦粉をまぶしつける

2)かぼちゃはワタと種を除き、2センチ各ほどに切り、
  荷崩れ防止に面取りをする

3)玉ねぎは1センチほどの厚さのくし形切り
  トマトは皮をむき、粗くざくざくと切る

4)ベーコンは1センチ幅に切る

5)鍋に油大さじ1を入れ、鶏肉を全体に色よく焼きつけ取り出す

6)同じ鍋で、油大さじ1を足しベーコンをさっと炒め、
  かぼちゃを加えて全体に油が回るまで炒め、
  鶏肉を入れる
  白ワインを入れ、ふたをして一煮立ち

7)砕いた固形スープ、湯、玉ねぎ、ローリエを加え、
  煮立ったら中火にして15分ほど煮る

8)トマトを加えて一煮立ち、スープの味をみて
  足りなければ塩、コショウで調える



このスープが簡単なのに、絶品!
かなりおいしかったー。

いつもお料理を褒めてくれる主人の褒め方が
いつも以上です。


◆かぼちゃとツナサラダ◆


Panpkin_221209_2.jpg


<材料>(2~3人前)
 ・かぼちゃ 200g
 ・玉ねぎ 半分
 ・きゅうり 1本
 ・ツナ缶 1缶
 ・マヨネーズ 適量
 ・粒マスタード 適量
 ・塩、こしょう 少々
 ・パセリ


<作り方>

1)かぼちゃはレンジで加熱して柔らかくする

  ※キッチンペーパーを濡らしてかぼちゃにかけておくといいよ

2)かぼちゃを小さめ(5ミリ幅くらい)に切る

3)玉ねぎは縦薄切りにし、塩を振ってもみ、
  洗って水気を切る

4)きゅうりも薄輪切りにし、塩を振ってしんなりさせ、
  水気を切る

5)それらを手早くまぜ、マヨネーズ、粒マスタード、
  塩、こしょうで味を調える




ツナを鶏胸肉に変えてもOKです。

粒マスタードは多すぎると酸味が強くなるけど、
お好みで調整してください。


かぼちゃの甘みであったまる★

良い1日でした。


(今日は出張帰りの主人とデートも出来た♪)




以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

HPはこちら↓
*もりの華(HP)*
Cooking | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【焼きたてパンがやってきた♪】

「パンの焼ける匂いで目覚めるのもいいよね~」


と、主人が結婚直前に買ってきたホームベーカリー

HB_091223_5.jpg



結婚から1ヶ月経って、
初めて焼いてみたー。

といっても、私がばたばたしてるうちに
粉をばーっと入れて、ボタンをピッ。

キッチンスケールがなくてちょっと困ったけど、
主人が全部セットしてくれました。

粉だらけになってかわいかった~♪



さて、私はというと、
パンが気になって寝ている間に2回も見にいっちゃいました(^^;


「この子、全然動いてないけど、大丈夫!?」

と思ったら発酵中でした。。



朝、キッチンの扉を開けるとふわーーーんといい匂い!

HB_091223_1.jpg


「ねえねえ、パンの焼ける匂いで目覚めるためには

 寝室で焼かないといけないね^^」

と言うと、爆笑されました。

HB_091223_2.jpg


バターを溶かして入れるという間違いを犯していましたが、
(※本来は固形のまま入れるみたい)
なんとも上手に焼けている!

HB_091223_3.jpg

HB_091223_4.jpg

ふんわり~。

さくさく~。


HB_091223_7.jpg


イギリスにいた時にフランス土産でいただいた
こちらをつけて食べました。

ドライトマト、ガーリック、ハーブ、ソルトなどがブレンドされていて、
オリーブオイルに浸してパンにつけて食べます。

HB_091223_6.jpg


これがめちゃめちゃおいしかった!

HB_091223_8.jpg

感動のパンを食している間に
主人が目玉焼きを焼いて、チーズと一緒にのっけてくれました。


HB_091223_9.jpg


ホームベーカリーバンザイ!

野菜やフルーツのパンを作りたいなあ。

わーーい。
わーーい。


我が家の朝食は基本的に和食だけど、
焼きたてパンもいいなあ。





以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

HPはこちら↓
*もりの華(HP)*
Cooking | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Wedding -サプライズモンブラン-】

「Kayo、結婚式の準備がんばろうね」

ほとんどを手作りしてきた結婚式。
毎晩遅くまで何かを作っている日が続きました。


こんなに優しい旦那さまはいないんじゃないかと思うくらい、
いつも気にかけてくれる。

いつもより更に遅い日が続いたこの日は、
私の大好きなシェルボンのケーキ、
母親譲りで大好きなモンブランを買ってきてくれました。


シェルボン



  東京都北区十条2-10-1

  TEL 03-3907-3900

  OPEN 9:30-21:00
  (↑21時まで開いてるから遅くなっても大丈夫!)

シェルボン Website



いつもは130円のシュークリームで大満足なのに、
奮発して560円のモンブラン!

シェルボン和栗モンブラン

このモンブラン、栗が丸ごと8個ものってるんです。
すごく贅沢!
これで560円は絶対にないと思うー。

シェルボンモンブラン
↑こちらは定番モンブラン


「Kayoが大好きだから奮発しちゃった!」


本当はいつも涙が出るくらいうれしいんだけど、

「ありがとう」

の一言しか伝えられないのがもどかしいね。


★続く・・・★



以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

HPはこちら↓
*もりの華(HP)*
2009 Autumun | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Wedding -誰よりも想いを届けたブーケ-】

ブーケを作ってもらうのは彼女しかいない。

Wedding_blog2_5.jpg


初めてYukaちゃんと出会った時、
付き合っている人もいなかったけど、
そう直感したのです。

「あ、妖精みたいなオンナノコだなあ」

というのが第一印象。

ふんわり、きらきら、美しいなあ。



初めて会ってから、
1年もしないうちに、
その想いが叶う日が来ました。

Wedding_blog2_1.jpg


Yukaちゃんは『誰よりも想いを届ける花屋』さん。

それは、彼女のお花を受け取った人全てが感じるはず。


「お花なんて、誰が作っても綺麗だよー」

って言う人に、ぜひぜひ彼女のお花を見て欲しい。

Wedding_blog2_4.jpg


贈る人、贈られる人、
みんなが笑顔になれる想いのこもったお花です^^


誰よりも想いを届ける花屋
MUSE TREE Website


さて、私・・・

結婚式当日、
Yukaちゃんができたてのブーケを届けてくれた。


Wedding_blog2_7.jpg
↑受け取った時、こんな笑顔だったんだ!
 ※メイク途中です


Wedding_blog2_8.jpg
↑打合せを重ねて、私と旦那さまの想いを形にしていきました
 この時のエピソード・・・
 Yukaちゃん曰く「花嫁よりも花婿の方が積極的に打合せしてた!」



Wedding_blog2_6.jpg


見た瞬間、感激で胸がいっぱいになりました。

「ああ、これが想いを届けるお花なんだな」

それを実感しました。

そして、受け取った時よりお花の香りが
どんどん強くなっていったの。
お花が祝福してくれているような・・・。

Wedding_blog2_2.jpg


とても不思議だったんだけど、
本当にそうだったのです。

花嫁はブーケを持っているけれど、
そのブーケをゆっくり見ることってなかなかできない。

だからなのかな。
優しい香りが私をずっと包んでくれていました。

Yukaちゃんにもそのことを伝えました。
お花って生きてるんだね。
作る人、受け取る人、見る人、
全ての人の感情をちゃんとわかってるんだね。


Wedding_blog2_3.jpg

こんなに素敵なブーケを持つことが出来て、
本当にしあわせ。


Yukaちゃん、ありがとう。
これからも、みんなをしあわせにするお花を届けてね。


★続く・・・★


以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

HPはこちら↓
*もりの華(HP)*
2009 Autumun | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Wedding -結婚式に密着取材!-】

2009年11月21日(土)

天気予報はずっと雨/曇りだったのに、
当日は雲一つない素晴らしいお天気に・・・。


午後の挙式とはいえ、
当日に婚姻届を出し、ホテルに入るため
朝は結構早起きでした。

そして、なんと!!

結婚式当日の密着取材をしてくれるということで、
主人の大親友SDくんが朝からお迎えに来てくれました。

Wedding_blog3_1.jpg
↑すっぴん、まだまだ眠たいお顔!?


Wedding_blog3_2.jpg
↑「行ってきます!」


といっても、彼の住んでいるのはうちから1時間以上も離れたところ。
重いカメラを持って、来てくれたのです。

Wedding_blog3_3.jpg
↑気持ちの良い朝です


SDくんはその他にもサプライズ企画のプレゼントをしてくれたり、
オトコの友情をひしひしと感じました!

Wedding_blog3_4.jpg
↑区役所に婚姻届を提出!素敵な笑顔のおじさん。


Wedding_blog3_5.jpg
↑途中の神社でお参り「みんなが喜ぶ式になりますように」



私たちより一足先にかわいい息子ちゃんに恵まれた彼とは
家族ぐるみでお付き合いしていきたい^^

Wedding_blog3_6.jpg


というわけで、涙もろい私は友情に泣きそうになりながら、
一生に一度のこの日の朝を迎えたのです。


Wedding_blog3_7.jpg
↑駅で腹ごしらえ中

私たちは1日何も食べられないですからね(^^;)


Wedding_blog3_8.jpg
↑もうすぐホテルに到着

何度も打合せに通った道も、当日を迎えて感無量です・・・。
どきどき。


Wedding_blog3_9.jpg
↑空も祝福してくれているようです

Wedding_blog3_11.jpg
↑ホテルはクリスマスデコレーション

Wedding_blog3_10.jpg

さあ、夢の1日が幕を開けます。

※このSDくんの密着取材は披露宴のエンドロールや
 二次会のスクリーンでも流れました☆


★続く・・・★



以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

HPはこちら↓
*もりの華(HP)*
2009 Autumun | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |