FC2ブログ

もりの華 -hanalog-

いつでも最高の自分でいられるように!
【Rainy Birthday -Don Cicco-】

「予約取れなくて・・・

 お祝い、遅くなっちゃってごめんね・・」










お誕生日のお祝いに・・・


こんなところに連れて行ってもらいました。


Trattoria Siciliana
Don Cicco


 
 住所;東京都渋谷区渋谷2-3-6 

 Tel:03-3498-1828

 Opening time: 18:00~24:00

 Holiday:Sunday

Food Stadiumのニュース記事はこちら

Don Cicco@たべろぐ



予約を取るのが難しいレストラン。。





あいにくの雨の中、
待ち合わせ。





タクシーの運転手さんに、


「雨もまたロマンチックですよ。

 楽しんで」


と、粋な言葉をかけられて、
お店の入り口へ。






いつもはそんなことしないのに、



「どうぞ」


と、レディファースト。





どきどき。





店内はなんだか外国のレストランのような、
そんな雰囲気。

カジュアルな中にも、
おしゃれで繊細なつくりも。


私たちが通されたのは、
オープンキッチンごしのカウンター席。


その奥に料理を作るシェフの姿が見える。



作っている人の顔が見えるというのはいいものだ。




スタッフは全員男性。



いつもはあまりアルコールは呑まないけれど、
今夜は赤ワインをフルボトルで。



「どのようなものがお好みですか?」


と聞かれ、

軽くてフルーティーなワインをオーダーしました。




「お誕生日おめでと」

グラスからはふんわりいい香り。





わいわいと悩みながら、

ワインのおつまみに、

●生ハムとサラミ





おいしいと評判のパスタは2品

●そら豆と芝えびのパスタ

●(詳しくは忘れちゃったけど)牛肉を使ったショートパスタ





メインは

(カジキマグロがお勧めなんだって!)

●カジキマグロの炭火焼

●子羊のロースト








「食べすぎじゃなあい?」




「大丈夫だって」


最初に食べた、サラミがとってもおいしいの!

期待が膨らんじゃいます。






●そら豆と芝えびのパスタ


一口、口に含んだだけで・・・


「おいしい!!」


顔を見合わせて、
叫びそうになっちゃうほど。


本当においしいの。


パスタのレパートリーは数十種類ある私だけど、
そのネタの仕入先はほとんどレストランから。


でも、この味はできない!

そう、何をどういう分量でこんな味になるのか、
見当がつかないのです。


しあわせすぎて、
とろけちゃいます。

最初から。





●牛肉を使ったショートパスタ


こちらは、イタリアの家庭料理というような味。

お母さんの味がするっていう表現が合うかな。
優しい味なの。

でも、こちらも真似できそうにない・・・。



2人でパスタを4品食べた人がいるというのがわかるくらい、
本当においしい。


全てのパスタを食べてみたいです。




さて、メインは

●カジキマグロの炭火焼



これも一口・・・


「おいしいねっ!」


お魚にはうるさいんだけど、
マグロ自体が新鮮。

お刺身でも食べられるくらい新鮮なんじゃないかなあ。

すごく柔らかくて、
繊細なソースのお味もちょうどいい。

濃厚すぎず、マグロの味にマッチする。


カジキマグロのお料理は2品ありました。
もうひとつの方も食べてみたいな。




メインの2品目は

●子羊のロースト


運ばれてきて、


「うわあ、おいしそう、いい香り」


と言うと、

スタッフの方が、


「もう、焼き加減も完璧ですよ!」


と笑顔。



ラムがおいしいレストランは本物だなあと思うんだけど、
こちらもかなり素敵です。

臭みはほとんどなく、
数種類の、味のついたキノコと一緒に食べると、
これまたなんとも言えないくらいおいしいです。




「ドルチェのメニューもらおっか?」

と聞くと、



「大丈夫だよ」

と言われる。





???




しばらく、ワインを呑みながら・・・




















「お誕生日おめでとうございます!!」


後ろから、
ろうそくのついたドルチェプレートが運ばれてきました。


Birthday1903





「えっ!」




すると、


スタッフの方全員と、
お店にいたお客さんたちが、
みんなでBirthday Songの大合唱なんです。


みんな、練習したみたいに、
息がぴったりなの。


イタリア語なの。



あまりにも感激して、

泣いちゃったよお。



うれしくて、うれしくて。



なに、

この演出・・・。



ずるいよお。




言葉がみつからないくらい、

どきどきして、

どきどきして。





本当にありがとう。




「どうせ、私のお誕生日忘れちゃってたんでしょ」


意地悪言っちゃって、
ごめんなさい。




ほんとに、

どう伝えたらいいのかわからないんだよね。




「うれし涙なんてなかなか流せないんだよ」






雨もなかなかロマンチック・・・。



みんなの笑顔に見送られて、

「また来ようね」

と約束して、


思い出のバースデーディナーが生まれた夜。






以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*

スポンサーサイト
love | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Music -One by MICHITA-】

よく一緒にいる人が、

「これ、いいよ」

って聴かせてくれて、


それ以来、一緒にはまっちゃって、
いつも聴いてる。


一緒に聴いてるときはいいんだけど、

最近、一人で聴いてると、
なんだか泣けるほど心が昂ぶる。



『One』

   Michita(2008年)






Michita

北海道出身/在住。

1988年、DJを始める。
Club Ghetto、Precious Hall、nomeにて経験を積み、
幾多のアーティストと競演。
1995年、JFK (マイクジャックプロダクション)と
A.I.N.Pを地元で結成。
B.I.G JOE、DJ DOGGとの出会いにより、
2006年より楽曲制作を本格化する。

gipsy MZK Trippsという別名義も持し、
過去にはMix CDも数タイトルリリース。

2007年には、Libyus Musicのレーベル・コンピレーションアルバム
''Listening is Believing vol.2''に参加。
提供楽曲"Metronome"は、美しいピアノの旋律とドープなビートが有機的融合を果たした
奇跡の一曲として各所にて大きな反響を呼び、多くのファンを魅了した。

そして2008年、Libyus Musicより、いよいよ待ち望まれたデビューアルバムを
インストヴァージョンとラップヴァージョンの2枚に分けてリリース。

北海道の雄大な自然を想起させるような哀愁漂う美しいメロディーと
厳しい寒さの彼方にある温かみを表現したフィジカルなビートが
春の雪解けのように溶け合う、その独自のプロダクションスタイルには、
今から大きな注目が集まっている。



[収録曲]

01. Brakship
02. Dtrmnation
03. Allegro Instrumental
04. Metronome
05. Drpz
06. 23thtrmnl
07. On Your Shoulder Feat. Kissey Asplund
08. Sora 4
09. 22thblkn'
10. Softtyms
11. Footsteps


-------


ピアノベースの、心地よいメロディーが、

目を閉じると、

宇宙の彼方とか、

みたこともない草原のど真ん中とか、

そんな不思議な空間にいざなってくれるような気がします。




ピアノの高音と他の電子音がぶつかるところが好き。



3曲目が一番好きです。


せつないくらいに、真剣に音を紡ぐ姿が、
浮かんできます。



悲しいのに、優しい、

優しいのに、悲しい。


でもやっぱり優しい。





以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*元祖 もりの華*

Music & Cinema | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Restaurant in Fukuoka -あんず畑から-】

博多での会議が終了し、

たまたま博多に来ていたお母さんと、
広島から来ていたお母さんのお兄ちゃんと、

食事してきた。

anzu4



オープンほやほやのこちらで↓


あんず畑から


 〒812-0892
  福岡県福岡市博多区東那珂1-14-46
   クイズモール博多1F

 Opening time: 10:00~23:00

あんず畑から Website





自然食のビュッフェです。

ブッフェだったのであまり期待していなかったのだけど・・・。














これが、おいしかったの!

anzu1


有機野菜を中心に、
和食、洋食取り混ぜてあります。

お野菜の味が生きてて、どれもおいしかった。


anzu2



ピザやクリームシチューなどの洋食もおいしいし、
菜の花のおひたしや里芋の煮物、お野菜の天ぷらも、
ほんとにおいしい!


anzu5

↑お茶の種類も豊富!自分で茶漉しで作ります~
 ルイボスティーがおいしかった♪




さらに、デザートがまたよくできてるっ^^


anzu3



甘さはどれも控えめなのに、
お味は濃厚。


どうやったらこんな味になるんだろう。


anzu7

↑この白玉ぜんざいがほんとおいしいっ
 アイスクリームは濃厚すぎてとろけちゃう!


デザート、感激するくらいにおいしい。






お店の雰囲気も良かった。

anzu6



スタッフも親切だし、
てきぱきしてて見てても気持ちがいい。


anzu8





以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*

Restaurant in Japan | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
【痛み止めが効かない】

カラダが痛い。

痛み止めが効かない。


こんなの初めてだから。


精神的なものなのかな。


それが一番つらいじゃないか・・・。



なんだよーー。


いたっ。




以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*

未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
【Cafe in Tokyo -天現寺カフェ-】

白金台の茶茶でディナーの後に、

ディレクターさんにこちらに連れて行っていただきました。

tengenji cafe4




天現寺カフェ


  〒106-0047
   東京都港区南麻布4-12-2
     ピュアーレ広尾1F

   Tel.03-5475-6788
   Fax.03-6802-4555

   OPEN DAILY 10:00~23:30 (木・金・土のみ02:00まで)



天現寺カフェ Website*




かなりおしゃれーーー。

真っ白なソファ。

やわらかい間接照明とろうそくの灯り。

店員さんは白のシャツに黒のエプロン。
これまたおしゃれです。


モノトーン統一。




「プリンがめちゃめちゃおいしいんだよ」

って言われたんだけど、


自分で作るプリンが世界一おいしいと思っている私は、
黙っていられませんっ!!


食べ比べることにしました。




このカフェは日本全国から
おいしいスイーツを集めて提供してくれています。



まずはこれっ↓


きのとや【北海道】
天現寺カフェ限定イチゴプリン


tengenji cafe1


確かに、めちゃめちゃおいしい!

パステルの”とろけるプリン”に比べて、
もう少ししっかりしてる。
けど、すごくクリーミー。
生クリームの質がすごくいいのかなあ。

甘さは控えめ。
プリンというよりもヨーグルトっぽい感じもする。


私も同じくらいおいしいプリン作れるかな★
うん。

↑挑戦的!!





スーパースイーツ【サイバーエージェント】
石鍋シェフのバリバリチョコラミルクレープ


tengenji cafe3



ミルクレープって日本が最初って知ってた?
これ、考えた人すごいよね。


クレープ生地のしっとり具合と、
間のチョコレートクリーム、
パリパリのチョコレート、
3つのハーモニーがばっちりです!

ミルクレープ大好きなんだけど、
なぜか、1つ食べ終わる頃には
お腹がもったりしてくるの。


これは、2つ、3つ食べられそうだった!
クリームのおいしさが決め手だと思います。
そして、生地の甘さがごくわずかなところも良いです。
食感だけで満足できるのですよ。



ローザンヌ【岡山】
はちみつロールケーキ


tengenji cafe2


100%天然のはちみつをかけて食べるロールケーキです。

このはちみつがまたおいしいっ。

ロールケーキはしっとりでふんわりで、
なんともいえない上品さがあります。

甘さは控えめなのに、そのまま食べてもおいしい。
はちみつをかけてもおいしい。

この絶妙な甘さ、すごいです。

ここのロールケーキは1本食べられそうだ(^^)





あと、ここのカフェのティーカップがすっごくおしゃれ~。
内側がハート型になってるの。

んーー、うまく説明できないけど、
曲線が本当にきれいで、
紅茶を注いだときにきれいにハート型が浮き出てくる。

このカップはどこで買えるんだろう?

ちょっと高そうだったけど、
ペアで欲しい。




素敵でした。



----
余談で・・・

天現寺カフェのお隣のケーキ屋さんもお勧めらしいです。

そのケーキ屋さん、
現在は閉店していますが、
4月末にリニューアルオープンするそうです♪


ディレクターさん、そこにも連れてってくれるって。
プレゼンの慰労会かな。




以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*


Restaurant in Japan | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
【Restaurant in Tokyo -茶茶 白金台-】

コンペについてミーティングするために、

ディレクターさんにディナーに誘われました♪


お土産といい、ディナーといい、

相当のお仕事を期待されている模様・・・。





茶茶 白金台


  東京都港区白金台5-14-1
   白金台アパートメント地下1F

   Tel:03‐5792‐5792

   Opening time:17:00~23:30

   Holiday:Monday

*茶茶 Website*



さすがだなーー。


「何が食べたい?」

って聞かれて、

何でも対応できちゃうんだもんねえ。



接待慣れ?


いや、

オンナノコ慣れ?




タクシーを待つ間に電話して、
カウンターを予約してくれました。




ここのカウンター、かなり雰囲気良いです。



スタッフもみなさん感じがよい。
これは重要な要素。


カウンターの端の席で、
板前さん(?)とお話しながらメニューを見る。
ちゃんと説明してくれます。
でも、押し付けがましくないところが、
彼の人柄なんでしょうかね。


素敵。



お料理は京料理

私、大好きなの。

特に、お豆腐やお麩、京野菜。
京都の小料理屋さんで食べたお味とおんなじ。

優しい味。




食器も素敵だったよ。

お料理するからかな、盛り付けや食器にも目がいく。


「今度こういう風にしてみよう」

ってね。



雰囲気、味、スタッフ、お値段、
ここはかなりお勧め



ああ、、

お料理がとってもおいしかったことも手伝って、
仕事の話は1分もできませんでした(><)

ま、いっか。



ゴチソウサマデシタ★

→プレゼンがんばります・・・(^^;)





そして・・・

私が、甘いものが大好きだとわかると、
この後、お勧めのカフェに連れて行ってくださいました★


つづく




以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*
Restaurant in Japan | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Restaurant in Kumamoto -ERILAI-】

どんなに短い時間でも、

熊本に帰ったときには
KeiとNanaちゃんに必ず会います。

ERILAI1


大好きです。

もうすぐ妊娠4ヶ月になるKeiのつわりが心配だったけど、
出かけられるってことで、
ランチ行ってきましたー。


いつも3人で行きたいお店を出し合って、
決定するの。


今回はこちら↓


ERILAI


  〒861-4101
   熊本市近見8丁目6番101号 
    バウラインスクエア

   Tel:096-312-1320


*ERILAI Website*




外観は倉庫みたいな感じです。

入ってみると・・・



ERILAI2





かなりおしゃれ★


天井が高くて、開放感のあるつくり。

グリーンを配して、とってもさわやか。



子供たちが遊べるようなスペースもあるんだよー。
素敵。



Websiteにのっているランチのスタイルは変わっていました。


ランチセットは

●メイン(お肉 or お魚)、サラダ、スープ、パン (or ライス)

 ¥850


●パスタランチ、サラダ&スープ付

 ¥900



サイドメニューとして、

★ハーフパスタ ¥200
★クレープ ¥300

がつけられますー。



私たちはお肉かお魚を選ぶランチセットにしました。




サラダとスープ


ERILAI3



サラダはお替り自由なの~。

春雨ときくらげの子供みたいな、
透明のものが、こりこりしておいしいの~。

みんな、何だかわからないから、
”コリコリ”って呼んでた。

他のお客さんも”コリコリ”って言ってた。

あれ、なんだろう?



知ってる方いたら、教えてね。



ドレッシングはお店特製のものと、青じそドレッシング。

どちらもめちゃめちゃおいしかった!
特に、お店オリジナルは今まで食べたことのない味。
酸味が程よく利いてて、はまりました。

3回もお替りしちゃったもん。




私は

メイン・お魚


ERILAI5



カレイの上に、魚のすり身とチーズで作った
もちもちの生地をのせてありました。


ソースはトマト。


上品なの~。

めちゃめちゃおいしかったー。

話に夢中で冷めちゃったけど、
おいしかったー。




nanaちゃんとKeiはこちら。


チキン


ERILAI4


これもすっごくおいしそう♪
やっぱりお肉の方がボリュームがあるね。





で、結局足りなかったので、
デザートのクレープをつけることに♪


クレープ


ERILAI6


これね、生地だけ焼いてくれるの。

で、フルーツや生クリームは自分で好きなようにトッピング!!

すっごく楽しいんだよー。


私は生クリームを3人分くらい使ってしまいました。
あまり甘くなくて、おいしかったんだもん。


フルーツもたっぷりにして、
折りたたむことができませんでした^^;


このお皿、カレー皿くらいの大きさなんだよ。
それの半分を占めるクレープ。

絶対3人分はあるね・・・。






もう、かなり満足!!


ここはいいです★






帰りにはnanaちゃんの実家に寄って、
思い出話に花を咲かせたり、

Keiのためにマタニティウエアの品評会
(↑nanaは1歳の男の子のママ)
したり、

短い時間でも本当に楽しかった。




GWは帰れなそうだけど、
機会ができれば必ず帰ります^^




元気な赤ちゃん生んでね^^



ふたりとも大好き!




以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*


Restaurant in Japan | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Books -遺書 5人の若者が残した最期の言葉-】



『遺書 5人の若者が残した最期の言葉』

    (幻冬舎文庫 2004年)











編集プロダクション verb

平均年齢24歳の日本一若い編集プロダクション。
2000年『遺書』(サンクチュアリ出版)でデビュー。







[内容紹介]

彼らはなぜ死を選択したのか?
生と死の狭間で揺れる若者5人の葛藤を同世代の目線で描き、
いじめや鬱による自殺の真実に迫る。
実物の遺書と遺族からの返信の手紙を全文掲載し、
命の価値、家族のあり方を問う。
つらい経験を自らの力に変え、
前向きに生きようとする遺族への取材も新たに収録。
生きることの大切さを伝える完全ノンフィクション。






以下は本書とは関係ありませんが、
一つ、悲しい体験のお話を。
----


「Kayo先輩・・・

 Kayo先輩・・・

 助けて・・・」



受話器の向こうから聞こえる声。

震える声。

そして、泣きじゃくる声。




いつも、同級生よりも、
後輩から慕われていた。

いまだに、”先輩”と呼ばれる。





久しぶりの彼女、
いつも元気いっぱいで、


「Kayoせんぱーーーい!

 おっはよーー!」


って毎日挨拶をしてくれていた彼女からは
想像のつかない泣きじゃくり方だった。





「先輩・・・

 先輩・・・

 Iくんが・・・」


私は何も言わずに、聞いていた。
















「自殺した・・・」





えっ・・・。





「私のせいだよ。

 私のせいなの」





「何、

 何言ってんの!

 バカなこと言わないの」




彼が精神的に参っていたのは、
なんとなく知っていた。



周りからの期待や、

敷かれたレールしか歩けない人生や、

自分ではどうしようもない、

変えられない道の上で、

立ちすくむ彼の、

手を引いてあげていたのが彼女だった。





「どうして・・・

 どうして、死んじゃうの・・・」



自ら死を選んだ彼は、
そこまで追い詰められていたのか。


誰にも助けられなかったのか。



死を選ぶことは個人の自由かもしれない。

生きていくことの辛さより、
一瞬の死の痛みの方が、
ずっと楽だと思った結果。


誰だって、生きていたい。

しあわせな人生を送りたい。



簡単に死を選ぶなんて考えられない。

人間はそんなに弱くない。




それでも、自ら命を絶つ。



彼は死の前日、彼女と話をしている。


「俺もがんばらないとね」



彼女はほっとしたという。

前向きな言葉を聞いたのが、久しぶりだったのだ。



彼女はうれしくて、

「うん!

 うん!

 そうだよ、私も一緒にがんばるよ」


新しい目標を立てて、
二人で励ましあった。




それなのに・・・


「Kayo先輩・・・

 私が彼をわかっていなかったの。

 あんなの表面上の言葉だったの。

 私が彼を死なせたんだよ」





もうこの世にいない彼の言葉を聞くことはできない。

彼の本心がどうだったのか、
死を決意した本当の理由はなんだったのか。



ただ、残された人間は、
ずっと自分のせいだと責め続けるだろう。


彼が助けを求めていたのかわからない。


けれど、
私たちは責め続けるのだ。



彼を愛する者たちが。




こんな不幸があるのか。

私に助けを求めてきた彼女は、
いつ立ち直るのだろうか。


彼の最期の言葉に、
何が隠されていたのだろうか。


彼は今、しあわせなのだろうか・・・。




----







14才で自殺したYくんの遺書へ




父親からの手紙


こんど生まれかわったらなにがあっても
父母に相談できる子として帰って来てね

今 天国で何をしているの

一度二度と父ちゃんに天国の思い出を話しに来てよ
ゆめもみしてくれ

元気でいるか たのむよ


父より



 -本書より(p187)-





以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*

Books | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【医療制度改革 -5分ルール-】

4月からの再診料、「5分以上」の診察に520円加算


Yahoo Newsはこちら



診察時間が5分以上になると料金が変わります--。

4月の診療報酬改定で、そんなルールが外来の再診料に導入され、
5分未満だと外来管理加算(520円)がなくなる。


「懇切丁寧に診察してもらうため」と厚生労働省は説明、
じっくり話す機会は増えそうだが、
現場の医師からは「時間で区切るなんて」
「加算が減って大幅な減収になる」と反発も強い。

医師の話が長引いて待ち時間が増えるという見方も出ている。


再診料は、診療所と中小病院(一般病床200床未満)が対象。

処置や検査、リハビリ、精神療法などがなく、
問診や身体診察、説明、指導が中心の時は、
基本の再診料(病院600円、診療所710円)に外来管理加算を上乗せできる。




「5分ルールで医療崩壊加速?」の記事はこちら



どうやって、5分を測るの?


ストップウォッチでも持ちながら診察するの?


あーーー!



ナンセンスな制度ですね。



確かに、インフォームドコンセントは大切だし、

納得のいくまで話を聞きたいという気持ちはあります。


ドクターにはそういう気持ちで話をしてほしいと思います。



それでも、なんでもかんでも一律に規定することは難しいし、
やることが極端だと感じずにはいられません。


この制度では、患者にもドクターや病院スタッフにも
大きなメリットがあるとは思えません。



みなさま、どう思いますか?





以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*

Bussiness | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【お土産の代償!?】

韓国に撮影のため出張していた


korea su



アートディレクターからお土産いただきました♪


↑実は私の好きなタレントさんの撮影だったんだよね・・・
 もちろん、誰でも知ってる男性です♪




「kayoさんーー

 俺にはお前の出張土産ないのかよーー!」


って怒られましたが(><)





彼は、おしゃれすぎるので、
食べ物ではありません。


フェイスマスク
バスソルト
オーガニックコットン


この、バスソルトがいい香りなんです。


近くにおいておくだけで癒されます。



「これ、いいでしょ^^」

と満面の笑みのディレクターさん。



ありがとうございます。



↑これからめちゃめちゃ仕事頼む気らしいですけど・・・(><)






以前のBlogはこちら↓
*もりの華mini*

Homepageはこちら↓
*もりの華(HP)*

Lovely Happy Life | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next