FC2ブログ

もりの華 -hanalog-

いつでも最高の自分でいられるように!
【Farewell Party@CHISO】

Farewell Party@馳走に招待されました。

C5


先日、ひょんなことからお知り合いになった体の大きなKTさん。

世界中でやってるというラグビー関係の方のFarewell Party。
パリ駐在から帰任されるそうだ。


実は、誘ってくださった体の大きなKTさんともまともにお話したことない。
でも、楽しそう。

遠足前の子供みたいに、この1週間待ち遠しかったのです^^


会場は日本食レストラン↓ここ




馳走 CHISO


 4 Princes Street,
 London W1B 2LE

Tel:020-7629-3931

Station:Oxford Circus



前から行ってみたかったところだったの^^

誘ってくださった体の大きなKTさんは遅刻ということ。

そして、主賓のWさんも他の送別会に参加中で遅刻ということ。


「初めましてー」

とちょっと合コンのノリ^^;


とりあえず、うちのレストランにはないものを食べておこう!

ということで、、

C1



●豚と野菜炒め
(名前忘れちゃった・・「しろ」の左側)

あのですね、、、

これ、かなりおいしかったの!!!
味付けがちょうどいい。
塩辛すぎず、お酒のおつまみにもちょうどいいし、
ご飯にも合いそう。

結局3皿もオーダーし、ほぼ女の子だけで完食・・・。


●あん肝

久しぶりに食べたー!
おいしかった。
2/3を私が食べちゃったような気がします。
ごめんなさい(><)


●タコわさ

わさびの味は薄め。
なので、食べやすいけど、
食べやすすぎてすぐなくなっちゃう^^;


●鶏竜田揚げ

からっと揚がってて衣の味が私好みでした。
竜田揚げ大好きなんだ♪
もう一皿いけたなあ・・。





「お肉が食べたいな♪」

というMisatoちゃんのオーダーでこちら。

C2



●牛ステーキ(だったかな?)

お肉は柔らかい。
上にのってるソースがとってもさっぱりしてて、
牛しゃぶの感覚かしら。

でも、一番おいしかったのはサラダにかけるドレッシング!!
ドレッシングは別についてきます。



野菜もとらなきゃね。

C3



●アボカド海鮮サラダ

はい、これが一押しです♪
こちらも豚肉炒め同様に3皿もオーダーし、
2皿を私が完食した気がします。

アボカドはやわらかく、こってり、
魚介も見た目よりボリュームがあります。
これもね、ドレッシングがさっぱりしててたくさん食べられちゃうの。


●串焼き

人数分以上オーダーしたはずなんだけど、
食べなかった。
うちの串焼きとどっちがおいしいかしら?



まだまだ食べます。

C4



●牛タタキ

臭みがなくて、ドレッシングの酸味がちょうど良くきいてる。
タマネギと食べると更においしい。


●牛肉ユッケ風

辛くないユッケ。
これまた、脂っこくないので食べやすかった。



ふーーーーー。
最初に呑んだメロンカクテルがきいてきた。

C6


でも、しろ呑みます。
熊本出身ながら、これを呑むのは初めて!
UKに来てからというもの、徐々にお酒に強くなりつつ・・・。

「おいしい・・・」


さて、まだ食べますよ。

C7



●ほうれん草サラダ

日本のとはちょっと形が違うんだよね。
葉っぱが丸くて、その部分を綺麗に並べて、
エビを揚げたものがのっていました。
ドレッシングはゆずポン酢みたいなもの。

シンプルながら、結構はまる味でした^^


●ソフトシェルクラブ巻&カリフォルニアロール

どちらもうちのレストランの方がおいしかったです^^;
ソフトシェルは結構小さめ。
これは、やっぱり太巻きで食べたいかな。


●厚揚げ生姜醤油

厚揚げは普通の厚揚げ。
生姜醤油といいながら、
生姜はほんのちょっとしかのっていませんでした(><)
結局普通のお醤油でいただきました。



おーーっと、


やーーっと、


主賓が登場しました!!


C8


入ってきたときからおもしろオーラ満載の人!

めちゃめちゃパワフルです。



さてさて、締めは何にしようか。

C9



●五目そば

私はこれにしました!
稲庭うどんと迷ったんだけどね。
ちょっとだけダイエットのこと思い出しちゃって^^:
おそばに。

そばがかなりおいしかった!!
UKで今まで食べた中では一番おいしい♪




写真を撮りきれなかったものもたくさんあって、
本当はこれ以上に食べているはず。


ああああ

9月はダイエット強化月間なのに(**)




「カラオケ行くか!」

という提案で、久しぶりのカラオケです。



「あ、、デザート食べるの忘れた・・・」



気づいちゃったんですよ。
このことに。


あちゃああ。


C10


とっても優しいWさんが買ってくれました^^

よく通るから気になってたんだけど、
ライスワイン(日本食材店)の隣にあるSweets Shopのアイスクリーム。

あまり期待してなかったけど、
期待に反しておいしかったです^^
見た目よりさっぱり。



さて、カラオケですよ。

明日仕事です。

みんな6時起きです。


そんな野暮なことは忘れましょう。

楽しみましょう。

C11-2


歌ったー!!!

替え歌ったー!!!


結局3時まで歌い続けた私たち。


Wさーーん。
帰っちゃうのさびしいです。

また来てくださいね。
身体に気をつけて、日本でも活躍してください^^


帰りは体の大きなKTさんの車で、
おうちまで、ひと時のドライブ。

眠たくなったら運転します。


今日も素敵な出会いに感謝。




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
スポンサーサイト
Restaurant in the UK | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【BBC PROMS The Last Night 09/09/06】

BBC PROMS The last night行ってきました。
P4


8月27日に行った時の記事で紹介したとおり、
お祭り騒ぎの最終夜です。

イギリス人が口をそろえて言うのは、

「likes football match!!」

本当にそう。


The last nightは・・・

演奏:BBC交響楽団
合唱:BBC交響合唱団
指揮:マーク・エルダー

演目:ショスタコービッチ「祝典序曲」
   ボロディン「イゴール公」よりアリア「眠りも休息もなく」
   ベルディ「エルナーニ」より抜粋
   ルービンシュタイン「ネロ」
   コリン・マシューズ「ビーボ」
   ワーグナー「タンホイザー」より「入場行進曲」

Break time

   コーツ 行進曲「すべての労働者へ」
   ビゼー「カルメン」より「闘牛士の歌」
   ソロヴィヨフ=セドイ「モスクワの夜は更けて」
   ソニア・ボゼッティ「プジャンゲーラ(狂騒)」
   エルガー「威風堂々(希望と栄光の国)」
   ヘンリー・ウッド「イギリスの海の歌による幻想曲」
   バリー「エルサレム」
   英国国歌「神よ女王を守り給え」
   スコットランド民謡「蛍の光」



ROYAL ALBERT HALL


 Kensington Gore,
 London SW7

Tel:020-7589-8212

BBC PROMS website

Station:South Kensington



P1


当日券には毎年相当の人が殺到。
整理券が配られるけど、もらっても、
列から離れてはいけないことになっています。

19:30スタートで、整理券は15時過ぎになくなります
あとは、とりあえず並んで入れるかどうか天に運を任す・・・。


並んでいたら、日本で英語を教えた経験もあり、
今はカナダに自分の英語学校を持っている校長先生とお友達になりました!
英語の先生って母国語が英語じゃない人の癖や発音をよくわかっているから
話しやすいんだよね。
待ち時間の2時間もあっという間でした^^


P2


アリーナ席に入ってから1枚。
去年よりは随分空いてました。
去年は満員電車状態で動けなかったから。

P6


会場は世界各国の国旗でいっぱい。

P7


風船だって、シャボン玉だって、クラッカーだって、
なんでもアリ。


P5


見えるかな?
日の丸を持っている人を発見!!
去年もこのあたりの席に1人だけ
日本の国旗を振る男性がいたんだけど、
同じ人かもしれない!

休憩時間はみんな床に座ってます。

P3



そして、第2部がすごいの!
本当のお祭り。
UK各地(ハイドパーク@ロンドン、マンチェスター、グラスゴー、スワンジー、ベルファスト等)
を中継でつないで、みんなで騒ぐ。

騒ぐ。


歌う!


楽しいよー。


最後はアカペラで「蛍の光」を歌って、
PROMSは幕を閉じます・・・。

(ここ、最後にしては結構あっさりなんだけどね)

ちゃんと英語で歌えるようにならなきゃ。

ふう。

終わったのは23時過ぎ。
£5~楽しめるイベントだよ♪


また来年。




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Lovely life in the UK | トラックバック(0) |permalink
【Sympathy】

人をHappyにしたいという気持ち。

大好きな人や、
何億分の1の確率で出会った誰かを、
少しでもHappyな気持ちにしたい。


楽しいときは何倍も、もっともっと楽しくなって、
悲しい気持ちはずっとずっと小さくして、
優しい気持ちを感じてもらいたい。


誰かの幸せを願うこと、
周りの人がHappyになることが、
私のHappy。

そんなことを言うと、
偽善だと思われるだろうか。



自分の気持ちを、
真っ直ぐに、的確に、
誰かに伝えることは難しい。

こうして文字にすることも、
実際に話す言葉で表現することも、
様々なメディアを使うことも・・・

自分の気持ちをぴったりと表せる道具はなんだろうか。




核にあることは変わらなくて、
ただ、それを放つ術を考えていたんだ。




「華は人をCalm downさせることが上手」

怒りという感情は厄介で、
ダイレクトにマイナス感情を発散してしまうことになる。

それはじわじわと伝わる哀の感情とは違い、
急速なスピードで全てを巻き込んでいく。




特別なことをするのではない。

他人の気持ちを考えて行動するのではない。


誰かに教えられるものでもない。


----------

「あなたは何か違うと思った」

そう言われて、

Calm downの言葉と一緒に、
自分に何が起こっているのだろうかと考えた。



人をHappyにしたい。

ただそれだけなんだ。



「どうして、そんなに頑張ってくれるの」

頑張っているなんて感じていなかった。

あなたがそうさせるの。
大好きな人たちを、
大好きな場所を、
笑顔で満たしたい。


愛されているから。
あなたが私を優しい気持ちで包んでくれるから。




あなたが私に注いでくれる愛情や信頼で、
今の私がいるんだと、




それは、きっと、
母に教えられた
人生で一番大切なみちしるべ。




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Thinking | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
【仲間】

common room


Think happy thoughts,

it's that simple!

And

it is doable!




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Thinking | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Lovely Ireland -Dublin3日目-】

Dublin最終日です。

2日間すごく寒かったんだけど、
今日は朝から天気もいいし、あったかい。


観光日和。


BigなBreakfastをとり、
おいしい紅茶とコーヒーを3杯もおかわりして、
気がついたら1時間半も経ってた^^;


さてさて、今日は昨日周りきれなかった市内の観光。

まずはここ↓

I31



Molly Malone Statue。

ごめんなさい。
何をした人かわかりません・・・。

果物売り?


次はTrinity Collegeへ。

I34



ここは普通の大学なんだけど、
これ↓が保管されているの。

I35



The Book of Kells

ケルトの象形文字。

かわいい。


I36


↑大学図書館の前で。


大通りを歩いていたらIrish Musicを演奏する人たちに出会いました。

I37


陽気な音楽といいお天気に、
たくさんの人が立ち止まって聴き入ってました。




新進のデザイナーさんのステンドグラスや
クリスタル、ハンドメイドのおもちゃや小物に
目を奪われつつ、ウインドーショッピング。



そうそう、Irelandで出会ったかわいいブランド!!

A



AVOCA


 Kimacanogue,
 Bray,
 Co. Wicklow,
 Ireland

Tel:+353 1 286 7466

Mail:ivan@avoca.ie

Official Website




カラフルなんだけど、大人っぽくて、
かわいらしくて、
のテイストも至る所に見られて、

そして、全てがハンドメイドのような繊細さ!

お値段もそれなりだけど、
女の子なら大好きなかわいさが溢れてるよ。

UKにはこんなお洋服やさんなかった気がする・・・(><)

A2


これ、AVOCAで一目ぼれしたストール。

Micchiと色違いで購入♪

ちなみに、Aer Lingusの機内誌の中で、
AVOCAが「Best of Ireland」として紹介されてました。
帰りの飛行機で知ったんだよ。


ふう。
ちょっと歩きつかれてきたね。

「お茶しようー」

POWERSCOURT SHOPPING CENTREの中にある
とっておもお洒落なCafeバーでIrish Coffeeを。

I38


生クリームは甘みがほとんどなかったけど、
コーヒーが苦めで、
一緒に飲んだときのまろやかさがちょうど良かった。

でも、アルコールは結構きいてたー。


Bussiness Cardをもらい忘れちゃったんだけど、
吹き抜け中央にあるカフェではなく、
その奥にあるちょっと暗めのカフェ。
デートにぴったりだよ。


また長居しちゃった。

ぶらぶらしていると・・・

I40


おっ、全身Irishのオンナノコ発見。

緑色のラガーシャツ、やっぱり買えばよかったかなあ^^;
かわいい。


I41


道で出会った劇団の人(?)
女の人がカイヤに似ててかわいかった^^



ここからRiver LiffeyにかかるBridgeーー。


1つ目:Grattan Bridge1875

I42



2つ目:The Millennium Bridge1999
(ロンドンとは違って、ミレニアム記念の橋もこんなに簡素^^;)

I43



3つ目:Liffey(Ha'penny) Bridge1816
(昔、この川を渡るのにHalf Pennyかかっていたから)

I44


I45




んーーーん。
2泊3日のあっという間の旅行だったけど、
楽しかったー!
あと1~2泊あったらもっと遠出して、
Waterfordのクリスタル工場にも行ってみたかったなあ。


わっ、、、
カードの明細を見てびっくり。

1ユーロ=¥155.1592

(※南アイルランドはユーロだよ)
円、弱すぎる(><)




最後に、Shumrockのネックレスを。
日本にいる親友にもプレゼントするんだ。
How do I look?

Shumrock




次の旅行はポルトガルorドイツ。


Good night...


PS
 今回私達がDublinの情報収集に使ったWebsiteはこちら
ireland.ie -Let's Play!
 

以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Lovely trip | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
【Lovely Ireland -Dublin2日目-】

Dublin2日目です。

朝からびっくりした。

I10


Breakfastです。
私、すごくけだるーい感じですが、
朝にはめっぽう強いです。
目覚ましなしで起きれます。
低血圧なのに。


びっくりしたのは、これ!

I11


Irish BreakfastってこんなにBigなんだって。

食べ過ぎたー。
しかも、ホステルの朝食だし期待していなかったのに、
とってもおいしかったです♪

I12


Breakfast Roomも明るくて、素敵でした。


さてさて、今日はバスツアーに参加。
北に行くか、南にいくか迷った末に、

北に行くことにしました。

”North Coast & Malahide Castle”Tour

所要時間:3時間
料金:22ユーロ


Dublin Bus (Head Office)


 59 Upr. O'Connell Street,
 Dublin 1,
 Ireland

Tel:01-873-4222

Mon-Fri:9:00-17:30
Sat&Sun:9:30-14:00

Dublin Bus Official Website




ドライバーさんがガイドも兼任するんだけど、
これってすごいよね?

運転しながらずーーっとガイドしてるの。

日本だったらありえないなあって思う。
キケンじゃない?

ドライバーさんの英語は学習CDでも聞いているような
綺麗なイントネーションとアクセントで聞き取りやすかったよ。


最初に通ったのはこちらの遺跡。

I13




通過。



そして、メインのMalahide Castle

I15


小さなお城だけど、まだなんとなく生活の香りが残ってて、
その時にタイムスリップしたような気分。

I33


お城の中は「No Photos」だったので、写真なしです。

ここではIrishレースの実演を見ることも出来ました。


Kybewell Krafts


 21 Balbriggan St,
 Skerries Co.
 Dublin,
 Ireland

Tel:01-849-1371

Official Website



おばあちゃんがレース編みをするんだけど、
いつも出来上がったものしか見たことがなくて・・・。

こんな道具を使って、こんなに時間がかかるんだなあって。

こうやってひとつひとつ手作りで、
繊細なレースが出来上がっていくのを間近で見て、
おばあちゃんに習おうかなって思っちゃいました。
裁縫は苦手ではないはず・・・。



そして、ここ・・・

I14



どこだと思う?


お姫様気分なんだけど、
マラハイドキャッスルのお手洗いです。
かわいらしい^^


Malahide Castleを後にし、
Dublin Bayを見ながらセンターに戻ります。

港ー。

I32-2



海ー。

I16



断崖ー。

I32



おうちー。

I17



あっという間の3時間。
ちょっとばたばただったけど、
効率的で楽しかった!

I18


最後に、とっても楽しい時間にしてくれた
ドライバーさんと!



Cityに戻ってきてから、
”City Tour”バスに乗ることに。
このバスは、Cityの主要な観光地を周ってくれるバス。
乗り降り自由。

1日パス:17ユーロ


※The 3-Day Freedom Ticket:大人25ユーロ


 ダブリン国際空港からバスでCityまで往復(往復10ユーロ)、
 Cityをバスで周るなら、このチケットが絶対お得!
 
 ●3Days City Tour -Hop on Hop off-
 ●3Days Dublin Bus Services
 ●Airport Transfers(Within 3Days)
 ●Nitelink -Late night bus services

 空港で買えます。




メイン通りO'Connell Streetに並ぶ巨大なうさぎー。

気になる。

I19




きになる。


I20





うさぎになるー。



I21




ふう。



次はChrist Church Cathderal
2つの建物が道路を挟んでつながってるの。
教会にはめずらしい造り。

I22



Dublin Castleは城壁のみが残っています。

I23




St Patrick's Cathderal

とっても大きな教会で、
目の前は手入れの行き届いた公園になっています。

I24



はああ。

雨が降り出して、冷えてきた。


「お茶しよっか!」


近くにあるパブに入りました。

I26



Irish Coffeeがなかったので、カプチーノをオーダー。

I25



おいしーー。
あったまるーー。



今日はここまで^^


3日目に続く・・・




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Lovely trip | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【Lovely Ireland -Dublin1日目-】

Summer HolidayでIrelandに行ってきました。

今回はDublinへ。

「Dublinなんて何もないよー!」

ってみんなに言われていたんだけど、

ま、久しぶりの旅行だし、
飛行機に乗れるし♪

一緒に住んでいるファミリーがアイルランド出身なので、
色々と情報収集も出来たよ。

I1


今回使ったのはAer Lingus(アイルランドの航空会社)。
アイルランドの国章shamrockと緑色がきれいでしょ。

※shamrock:シロツメクサ


ダブリン国際空港に到着した。

こんなの久しぶり。
飛行機降ろされて、地上を歩いて空港へ


空港のお土産物やさん。


私達の心を捉えたーー!


I2


このアイルランドの帽子に、

緑色グッズに、

ラガーシャツ・・・


いきなりアイリッシュウイスキーの試飲までしちゃって・・・。


そんなこんなで、時間が経ち、
ツアーの申し込みを完了した頃にはもう17時前。


一番大きなO'Connell Streetをぶらぶらしていると、
”The General Post Office”を発見。


壁に埋め込まれたレトロなポスト↓

I4



中はこんな感じ。

I5


郵便局とは思えない重厚感のある造り。
歴史を感じるねえ。



さてさて、今日はIrish Pubでギネスでも呑むかー!!

I3



ってことで、行ってきました↓このパブ。



O'Shea's


 19 Talbot Street,
 Dublin 1,
 Ireland

Tel:01-836-5670



I6


Polishのきさくな店員さんと一緒に。


お料理はもちろん!
Traditional Irish Food!

I8



★Bacon&Cabbage
★Irish Stew
★シーザーサラダ

パブ料理とは思えないくらい、おいしかったよ!
ベーコンは柔らかくて、これまたやわらかーいキャベツと合う。
味付けは薄めなんだけど、素材の味がする。

シチューはラムとニンジンがとろとろにとろけてた。
口の中で崩れる感じがたまらない^^

シーザーサラダはね、スターターに。



私達が入ったのは17時ごろだったけど、
食べているうちにどんどん人が増えてきた。
人気のパブみたいでした

I7



今日は早めに休もう。

I30


泊まったところはこちら↓


GLOBETROTTERS


 46 Lower Geramer Street,
 Dublin 1,
 Ireland

Tel:01-873-5893



I29


大学1年生以来、久しぶりにホステルに泊まった。
ホステルって言っても、お部屋にバス&トイレもあるし、
とっても清潔。
ファブリックもかわいらしかったよ♪

ロビーではネットも出来ました。

I27



ちょっとした中庭も。

I28



では、おやすみなさい。

I9



2日目に続く・・・




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Lovely trip | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【華Juice -Bnanas&Raspberries-】

juice3


ここのところまたばたばたしてた。

外泊したり、そんなこんなで
おうちにいる時間がほとんどなくて、

毎日のフレッシュジュースを飲まなかったこと3日間。


んんんんんんんんんんんんん。

ちょっと体調不良。

だるい。
(呑みすぎ?食べすぎ?)

肌もちょっと不良。


ダイレクトに身体に吸収されて、
すっごくいい影響を与えてくれているんだろうなあ

って

実感。


さてと、

今日はいつものグレープフルーツとニンジンetcの定番ジュースに
セロリも加えて作りました。

ぐいっと一気飲み。


ふううう。

juice1


今日はこれも!

●バナナ 2本
●ラズベリー 30個くらい?
●無糖ヨーグルト 200g
●牛乳 200cc


juice2


適当な大きさに切って、ミキサーに入れるだけ^^

ここのところ、ワインも呑みすぎたかなあと思ったし、
お腹を整えるために、
ヨーグルトのジュースにしました。

バナナだけでももちろんおいしいけど、
ラズベリーを入れると色が綺麗だし、
女の人にはうれしいビタミン豊富だよ。

★Raspberries★

The nutrients in raspberries make them ideal foods for
convalescents as well as those with heart problems,fatigue and
depression.A high VitaminC content means that for 100g
you will get 75% of your recommended daily allowance.

Ntrients and active ingredients


VitaminC,B3,biotin,folate,manganese,iron,citric acid and fibre

Beneficial properties

Antioxidant,detoxifying,toning:good for gum disease,upset stomachs and diarrhoea


この2種類のジュースでお腹も満足。




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Cooking | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【バトン:彼氏に求めるもの】

大学院同期、現在医大生ヒデくんから周ってきました。

mirror1



お題:異性(カレシ/カノジョ)に求めるもの



■Q01 いきなり回す人を3~7名

東京から
 ・碧ん
ドイツから
 ・ゆうすけくん
ニューヨークから
 ・ゆかりちゃん
ロスから(→正確には違う?)
 ・ゆうくん
ロンドンから
 ・aibooさん
もうすぐ帰国
 ・Ryu

一人でもやってくれたらいいかな(><)


■Q02 まずは体型

 あんまり気にしないけど、
 あえて言うなら私がヒールを履いた時より背が高い人。

 がっしりか細いかで言えば、
 彼氏にするならがっしり系。


■Q03 髪型&色

 短い方が好き。
 色はやっぱり黒かな。


■Q04 理想的な人のイニシャル暴露

 イニシャル??
 

■Q05 相手にどうしてほしい?

 急に抱き締められたり、
 急に手をつながれるのに弱い・・・


■Q06 どんなデートしてみたい?

 ドライブ!
 助手席で彼の横顔を見ながら。
 手作りのランチも持ってく。


■Q07 なんて告白されたい?

 好きな人がこれ見てたら気まずいぞ。

 心がこもっていたら言葉は気にしない。
 もちろん、何も言わない行動系もありです。


■Q08 初恋はいつで相手のお名前は?

 中学1年(彼は中2の始めに転校)~高校1年くらいまで引きずった(><)
  
 たかしくん。


■Q09 どんな性格の人に弱い?

 強引だけど、優しい人。

 でも、自分が好きじゃない人に強引にされると避けます・・・(ごめんなさい)

■Q10 見た目カッコイイ系かカワイイ系か

 今まで好きになった人のルックスに全く共通点なしです。
 好きになった人はみんなかっこいいって思ってるけど。
 (友人の意見無視です)
 

■Q11 街を歩いててついつい目が行っちゃう服装は?
 
 絶対にスーツ!
 男の人のスーツ姿に弱い。

■Q12 (付き合う)相手を決めるポイントは見た目?それとも?

 一緒にいて落ち着く人。
 「気を使わない」っていうのとはまた違うんだよね。
 価値観が一緒だったり、
 一緒に人生を歩いていく上で、
 この人が幸せなら、私も幸せって思えるような人。


■Q13 付き合うのに年上・年下は重要?

 今までお付き合いした人はほとんど年下でした。
 でも、共通して引っ張っていってくれる頼れるタイプだったかなあ。
 
 今は年上の人もいいなって思う。

 まあ、とにかく頼れる人がいいってことです。

■Q14 自分の結婚式に流したい音楽は?

 思いつかないなあ。
 
 Billy Joel?Boys Ⅱ Men?好きだけど。

■Q15 甘えられたい?甘えたい?

 どっちも^^


■Q16 どんな男性・女性がダメ?

 不必要な嘘をつく人。
 不用意に嘘をつく人。


■Q17 異性を見るとき、最初にどこを見る?

 やっぱり目かなあ。
 あとは手。
 耳?

■Q18 デートは毎日会う派、会わない派?

 会えない時間が愛育てるのさ♪

■Q19 初デートはどこに誘いますか?

 彼にお任せします。
 (私のつぼにはまるところを選んでくれたら○)

■Q20 好きな人が遠距離でも大丈夫?

 遠距離経験は3回。
 東京-熊本
 つくば-東京×2回(←遠距離じゃない?)

 全て私に好きな人ができてダメになちゃった。
 けど、今なら遠距離でも大丈夫かなあって思う時もある。

 そばにいてくれるにこしたことはないけどね。
 

■Q21 もし、大好きな人と付き合えないとしたらどうする?

 新しい恋!

 でも、好きな人が出来ても、新しい彼氏が出来ても、
 心のどっかで引きずってるかもしれないなあ。

■Q22 相手を「愛しい」って想うのはどんな時?

 いつでも。

 疲れて寝てる寝顔見てる時。

■Q23 あなたの恋人が料理出来る人なら何を作ってもらいたい?

 料理は私がする♪
 慣れない手つきでも、野菜を切ったり、皮を剥いたり、
 お手伝いしてもらいたいなあ。

■Q24 好きな人に一言

 「だいすき」

■Q25 尻にしかれたい?それとも尻にしきたい?

 九州オンナです。
 
 亭主関白ばんざい。

■Q26 浮気とかしてしまいますか?
 
 浮気するときは心が離れたときかなあ。

 大好きな人がいる時はないでしょ。

■Q27 メガネフェチですか?

 結構好き。
 

■Q28 じゃあなにフェチですか?

 手が好き。
 大きくて、守ってくれそうな手が好き。


■Q29 スカート派?デニム派?

 これ、どう答えればいいの?

■Q30 あなたにとって、好きな人とは?

 しあわせにしたい人。

■Q31 「恋する男(女)は○○○」

 Pure


■Q32 どこでどんな風に告白する?

 恥ずかしがり屋なので、待ってます(><)

■Q33 理想と現実は厳しい?

 そんな時もある。

■Q34 今、素敵な恋をしていますか?

 してる。

■Q35 そんな自分に一言

 Happy!!



恋っていいなあ。



以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【☆Happy Birthday Toshie☆】


☆Happy Birthday,Toshie☆

T1



おめでとう♪

おめでとう♪


Toshieちゃんの新しい1年が
今までで一番素敵な1年でありますように。

たくさんの笑顔見せてね。


------------------
というわけで、先日CM撮影をしたロンドンど真ん中のフラットで、
お誕生日パーティー開催!!

T2


彼女の好きな赤ワインをプレゼントに、
学校の友達もたくさん誘って。


家主のみが男性というハーレムなパーティー^^;

到着した瞬間、巨大なワイングラスに赤ワインを


注ぐ、


注ぐ、


注ぐ、、、


一気に2本も空いちゃったよ。

このワインで酔っ払ったみんな、

暴走。

T3



唯一の男性Hawの作ってくれたラムカレーがかなりおいしかった!!
彼の作る料理はナチュラルペッパージンジャーが効いてて、
いつも辛いんだけど、おいしいの^^

身体にも良さそうでしょ。


これだけ女の子が集まると楽しいなあ。
話が絶えない。



South Africa研修、気を付けて行ってきてね。




以前のDiaryはこちら↓
☆Old Diary☆
Lovely life in the UK | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next